社員の育成方法は年齢層によって異なるので人材教育セミナーを活用

セミナーの講師

人材教育で中間管理職の指導力と評価能力を向上しよう

オフィス

中間管理職にとって不安となるのが、新入社員や若手社員に対する指導そして評価といったことです。団塊の世代の一斉退職により、実戦経験が豊富な社員がいなくなり今や就職氷河期と言われた時期に入社した社員が中間管理職となります。ですが、突然管理職となっても指導力や評価能力が不足していることもあります。そこで、人材教育コンサルタントを利用して指導力や評価能力の向上を図りませんか?
そもそも、今や平成生まれの社員が続々と入社し、中間管理職の中には息子や娘と同い年の部下となります。現代の若者で不安なのはちょっとしたアドバイスが指摘と捉え、無断休暇や退職につながるリスクを管理者は持ちます。しかし、人材教育コンサルタントでは現代の若者に対する指導方法そして評価方法をアドバイスします。また、社内研修でグループ討議により問題解決にあたらせ、管理者全体のレベルを底上げします。若者と接するのが苦手という方でも、人材教育コンサルタントではポイントを絞り、褒め方や注意の仕方を教育します。まずは、新入社員や若手社員が突然辞めてしまうのが不安で注意ができない、高い評価をせざるを得ない状況になる前に人材教育コンサルタントを利用して中間管理職の不安を解消しましょう。