社員の育成方法は年齢層によって異なるので人材教育セミナーを活用

セミナーの講師

社員の財務会計知識を向上させるためには人材教育が必須

新入社員

会社の利益に貢献するという目標を掲げても、社員が財務会計の知識ゼロで損益計算書の仕組みを理解できなければ問題解決には繋がりません。しかし、外部セミナーの場合、予算的に参加できる社員は限られ社員全体のレベルアップには寄与しません。そこで財務会計知識は人材教育コンサルタントを利用して教育しましょう。
人材教育コンサルタントを利用すれば、貸借対照表や損益計算書を理解することができます。また、所属する部門で発生する必要がどの段階で損益に関わるかを理解することができます。ここまでなら通常の外部講習や社内教育で対応は可能なものの、人材教育コンサルタントではより理解ができるようゲーム感覚での教育プログラムを検討します。一見すると半分遊びのような教育内容でも、人材教育コンサルタントで利用する財務会計のデータは実際のものを利用します。改善テーマを与え、問題解決をさせることで実践的に財務会計を理解することが可能になります。また、グループ討議により決算結果から問題点の把握と事業計画の検討など中堅社員レベルなら将来的に会社運営で役立つスキルを習得できるようにすることも可能です。経理部門に講師を依頼するよりも実践慣れした講師が対応するため、自己解決に導かせるアドバイスも的確です。